お客さんのわがままがある程度通る

リクエストがあればどんどん伝えよう

注文住宅は、依頼主と工務店が話し合って家の設計図を作成するところから作業が始まります。土地の広さや建築予算などの条件はありますが、依頼主のリクエストがある程度はかなえられる住宅です。ここでのリクエストとは、「車庫がほしい」とか「1階と2階の両方にトイレがほしい」などの一般的なものはもちろん、「かなり土地がせまい」とか「予算は少ないが2階建てがほしい」などの「わがまま」ともいえるリクエストもふくまれます。趣味を堪能するための設備などにも対応してくれるので、リクエストがあればひとまず工務店の担当スタッフに伝えましょう。予算などの点で理想的な住宅を設計するのは簡単ではありませんが、工務店は可能な限りリクエストに応じられるよう努力してくれます。

ライフスタイルのイメージは具体的に

住宅の設計図を作成するにあたり、依頼主と工務店の打ち合わせは複数回行われます。このとき、用意できそうな予算や住宅にほしい設備などを伝えますが、事前に住宅完成後のライフスタイルをなるべく具体的にしておくとよいでしょう。工務店スタッフはプロなので漠然としたリクエストでも具体性を持つようにアドバイスしてくれますが、事前にイメージを固めておくと話がスムーズになります。ライフスタイルをイメージするには、少し遠い未来の家族像をイメージするとよいでしょう。家族の人数の変化を想定すると必要な設備が見えてきます。完成後のリフォームで設備を追加・変更することもできますが、長期的な視点を設計に取り入れると住宅コストを抑えられます。

新築一戸建てとは、独立した一軒の家屋がひとつの住戸となっている、新しく建てられた住宅のことです。これに対して中古住宅は、人が過去に居住したことがある住宅を指します。