工務店は独自の特徴を持つ

注文住宅ってなんだろう?

注文住宅とは、ゼロの状態から家を設計して自分のライフスタイルにあった家を注文して建設したもののことを言います。ゼロから作るため、間取りなどについても自分の好みにすることができます。現在持っている家具に合わせて家を設計したり、自分の好みのところにコンセントを配置できるなどのメリットがあります。資産価値が高い家づくりができるのもメリットです。デメリットを挙げるとすると、土地探しから始めなければならないことと、設計にはとても体力を使うことです。また、コストも少々高めであることもデメリットになってしまいます。しかし、これらのデメリットを上回るような素晴らしい住宅を建てることができ、後悔のない家づくりをすることができるでしょう。

工務店で注文住宅を建てる時の特徴

工務店にて注文住宅を建てると様々なメリットがあります。一般的に工務店は地域密着型のものが多いです。そのため、悪い噂が立つとすぐに耳に入ります。工務店では悪い噂が立たないように責任感を持って仕事をしています。また、工務店では、最初の窓口から引き渡し、アフターサービスまで一人の担当者が責任を持って行なってくれるのもメリットです。なお、工務店で設計を行った場合には、大手ハウスメーカーに比べて施工上の制約が多くないため設計に自由度が増しますので、自分の願いを叶えやすい家づくりが可能となります。最後に挙げられるメリットとしては、工務店ではあまり宣伝費をかけていませんので、ハウスメーカーと比較すると安く家を建てられます。

分譲住宅は注文住宅に比べて費用は比較的安い場合が多く、金額があらかじめ決まっているので予算が立てやすいのが特徴です。